スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディンスフィア プレイ記その2 *ワルキューレ5章~終章

2016.02.28 15:46|オーディンスフィア
プレイしながら感想を書こうと思い、タイトルを「プレイ記」にしたのですが、案の定書けませんでした。変えるのもあれなのでこのままでいきます。

そんなこんなでオーディンスフィア。
トロコンはしていませんが、シナリオは全部埋めました。
とても楽しかったです。
このゲームは一般ゲーですが、乙女ゲーマーの方にもぜひプレイしてもらいたい!
アクションは初心者でもサクサク行けるレベルだし、操作も快適。
なによりストーリーが「愛」を軸に進んでいきます。萌えと感動の詰まったストーリーです。

という訳で以下プレイ記というか感想です。
ネタバレを含んでいますので、未プレイの方はお気を付けください。

続きを読む >>

関連記事
スポンサーサイト

オーディンスフィア プレイ記その1 *ワルキューレ序章~4章

2016.01.17 21:13|オーディンスフィア


絶賛プレイ中です、オーディンスフィア!
今4章が終わったところですが、とても楽しいです…!
前の記事で書いたように、せっかくなのでプレイ記を書いてみます。
ストーリー回想ができるようになっていて、感想書きやすくて嬉しいです。
アクションは苦手な部類なので、攻略の手引きには全くならないですが、お付き合いいただける方は続きからどうぞ。

もちろんネタバレ全開です。


続きを読む >>

関連記事

今年初の更新です

2016.01.13 23:35|雑記

新年のご挨拶をするには時機を逸した感がありますが、地域によっては15日まで大丈夫らしいのでそれに則ります。
明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は更新がほとんどないブログで、ツイッターもあまり稼働していなかったにも関わらず、足を運んでくださったりお声をかけてくだっさったり、本当にありがとうございました!
今年はもうちょっと自分から積極的いろいろな方とお話しできたらいいなぁと思っています。
無理すると続かないので、のんびりとしたペースになるとは思いますが、お付き合いいただけると嬉しいです。

今年の目標としてはもう一つ。
新作を楽しみにする、というのも目標です。
去年はゲームを買う本数自体少なく、ハズレだと嫌だと思い、評価を見て厳選に厳選を重ねて買っていたんですよね。
そうやって何本か買ってプレイして気が付いたんですが、このスタイルは私に合っていないみたいです。
評価やネタバレなし感想を見て「私に合う!」と思った作品をプレイすると、どうも減点方式で見てしまうみたいで。確かに面白いけれど、こことここが微妙、とか。普通に考えて完璧に私の好みに合って、文句をつけるところひとつもない作品なんてあったら奇跡的なはずなのに、です。

今までも評価を見て買った作品も何本もあります。
その時は、「たぶん合う」くらいの気持ちで、楽しめるかドキドキしながらプレイしていたと思います。
けれど去年は何故か、「絶対合う!」という気持ちでプレイしていたんですよねー…。
作品の捉え方は人それぞれですし、好みも千差万別です。
情報収集にも意味はありますし、ある程度は好みかどうかもわかります。でも実際にプレイしなきゃ分からないこともたくさんあります。多くの人はクソゲーだという作品でも、私は好き!!ということだって珍しいことではないはずです。

それに、発売前の作品をドキドキしながらあれこれ考えるのも好きなんです。
期待しすぎてプレイ後にがっかりなんてこともありますが、それもまた一興ということで。

今年もたくさんはプレイできないと思うので、予約して買うのと評価待ちするのとの両方にはもちろんなります。新作を片っ端から買っていくなんてことはできないですし。
一本一本楽しんでプレイできたらなと思います。


で、直近で一番楽しみにしているのがこれ。
オーディンスフィア レイヴスラシル!!
公式

いきなり乙女ゲーではなく一般ゲーですが…!
明日発売ですね。
PVを観て世界観にすごく惹かれて、PS2版でも評判が良かったみたいなので予約してしまいました。
グウェンドリン嬢の見た目が非常に好みですし、物語に恋愛も絡んでくるようですし乙女ゲーマー的観点から見てもおいしいです。5人の主人公による群像劇というのもいいなぁ。
体験版が出ていて少し触ってみたら、操作性もいいですね!
アクションは苦手ですが、何とかなりそうな雰囲気を感じました。たぶん大丈夫。
とりあえずPVも貼ってしまおう。


この画面の密度の高さ!素晴らしいです…。


2月18日発売のいけにえと雪のセツナも気になっています。
購入するかはオーディンスフィアの進み具合によるかな?


本当に明日楽しみで楽しみで仕方がないです!
もしかしたらプレイ記を書くかもしれないです。たぶん。

こういったゆるーい感じのブログですが、今年もよろしくお願いします!
関連記事

2015年を振り返って

2015.12.31 23:57|雑記
ほぼ4カ月ぶりですが舞い戻ってまいりました。お久しぶりです。

OZMAFIA!!の感想を書いてから、ブログの編集ページを全然開いていませんでした。
今アクセス解析を見てみたらどの月も一定の人数の方がコンスタントにこのブログに来てくださってるのが分かって、更新していないにもかかわらずすごく嬉しかったです。ありがとうございます!

このブログの今後についてはいろいろと考えました。
今年はゲームをする余裕、時間というよりも精神的な余裕がなく、あまりプレイできませんでした。プレイしても感想を書く気分になれなかったりで、こういった更新率になりました。
閉鎖も考えたのですが、自分の過去記事を読むと、あの時はこれをプレイしてたんだーとか、こんなこと思っていたのかーとか、結構楽しくて。笑
上にも書いたのですが、読んでくださっている人がいるというのは、文章を書いた者としてはとてもとても嬉しいです。
そして、この記事を書きながら、こうして文章を打つのも楽しいなと改めて思いました。
ですのでこのブログは続けることにしました。
来年も頻繁な更新にはならなさそうですが、お付き合頂けると幸いです。でも来年は広告が出っぱなしというのは避けたいです。負担にならないくらいに頑張ります。言うのはタダですからね!

では本題!2015年のプレイゲームを振り返ります!

【黒蝶のサイケデリカ】
今年最初にプレイし終わった作品。
登場人物の誰もが綺麗な面だけを持ち合わせているわけではないのですが、そこがまた魅力的でした。
ベストエンドがとても印象的で、悲しいけれど希望の持てるエンディングで好きです。
来年の続編が一体どうなるのかとても楽しみ!

【OZMAFIA!!】
PC版の発売のときから気になっていた作品。
vita移植でようやく手を出しました。
面白いことは面白かったのですが、冗長に感じる部分も多く、刺さらなかったかな…?
でも娼館ルートとロビン・フットルートをプレイできただけでも買って良かったなと思いました。
そしてさといさんのイラストもやっぱり素敵でした。

【SWEET CLOWN】
確かに全エンド回収したはずなのに、楽しかったのかさえ記憶に残ってないという作品。
この作品がどうとかではなく、プレイしたあたりの私生活の記憶もだいぶあいまいなので、たぶんすごい疲れていたのだと思います。古橋さんが好きだと思う。たぶん。
タクヨーさんに申し訳ないですし自分でもどうかと思うので、元気があるときに回想モードで振り返ろうかと思います。

【レンドフルール】
私の乙女ゲーム歴の中の黒歴史となりました。
なぜなら初めて途中で投げたから。
中断はありますが、途中でもうプレイしないと思ったのは初めてだったので。
絶望を与えてくれることを期待してプレイしたのですが、半笑いしかできない結末でした。
エンディングだけをみれば確かに悲劇ですが、その選択を決意する過程が、控え目に言っても薄い。
製作者のやりたいことは、押しつけがましいと感じるくらいには感じました。どちらのブログだったのか忘れてしまったのですが、「救いがないのではなく、救う気がない」というような感想を書いていらっしゃる方がいて、言い得て妙だなと思いました。
好きな方は申し訳ありません。

【ガーネット・クレイドル】
PSP版をプレイ。
不満は結構ある。でも求めていたものは余すことなく詰め込まれていて、とーっても楽しかった!
ロマンティックに彩られた恋愛模様にときめきが止まりませんでした。乙女ゲーム的萌えと言うよりは、少女マンガ的ときめきに近い気がします。
とあるルートで柘榴が印象的に使われているのですが、それがもう素晴らしいのです。心が温まったり、切なかったり、官能的であったり。赤い宝石のような果実と主人公の恋心のリンクがもう…!!うっかり柘榴味のチョコレートを買ってしまったくらいに心に残りました。
世界観も、アラビアンな雰囲気の常夜の国、なんて素敵なんでしょう…!
このゲームは、戦場の円舞曲やプリンセス・アーサーの片桐さんがシナリオを書かれているので購入しました。
どの作品も不満はあります。でもどの作品も好きなんです。
どうしてかなーとたまに考えていたのですが、私が乙女ゲームに求めているものがしっかりと詰め込まれいるからではないか、と答えを出しました。とりあえずの答えではありますが。
片桐さんの書かれる恋模様というのがとてもツボにはまるのです。
熱量があるというか、恋をしたときの高揚する感じ、でも楽しいことばかりではない。でもやっぱり幸せ!みたいな。
なんか文字に起こすと適切な表現ではない気がしてきましたが、とにかく好きです。


という訳で、今年コンプした作品は4本でした。少なーい!
来年はもうちょっとプレイしたいです。

ちなみに一般ゲーは、ゼノブレイドラジアントヒストリアをプレしました。
そして、今年プレイしたゲーム(乙女、一般を合わせて)の中で一番好きな作品は?と聞かれたら答えは一択。

ゼノブレイドです!!

とにかく楽しくて楽しくて、終わらせたくなかった。
プレイ時間を99時間以上カウントしてくれないので(Wii版だったので)正確なところは分かりませんが、おそらく150時間くらいやってたと思います。
ストーリーを追うだけなら80時間くらいで終わると思いますが、とにかくやりこみ要素がたくさんあって、ひたすらやりこんでいました。私の最後の長い春休みは、旅行とこのゲームに消えていきました。でも後悔はしていません。だってとても充実していたんですもん!

広大な世界を走り回る爽快感。
時間によって変化する景色。
その中に生きるように存在するエネミーたち。
戦略性に富みながら初心者にもやさしい戦闘。
クエストで変化する街の人たちの関係。
そして心震えるストーリ。
ただただ素晴らしかったです。
特にハイエンター関連のお話は(クエストを含め)、滂沱の涙を流しながらのプレイでした。
私はWii版でプレイしましたが、new3DSとWiiUにも移植されたので、ハードを持っていてプレイしていない方は是非!
音楽も素敵です。


最後になりましたが、今年もお世話になりました。
このブログを続けられているのは訪問してくださっている方々のおかげです。
ふがいないブログではありますが来年もどうぞよろしくお願いいたします!

関連記事

テーマ:乙女ゲー
ジャンル:ゲーム

OZMAFIA!!-vivace-感想

2015.09.05 23:11|OZMAFIA!!
こんばんはー!

9月になりましたね!今月は夏休みをとるし、シルバーウィークもあるしでゲームが進みそうです。最近涼しくなってきたからか、ゲームに対する情熱も上がってきています!
夏休みといえば、鹿児島と熊本に旅行する予定で、今からとても楽しみです。
集成館行って熊本城行って阿蘇行って、くらいしかまだ考えていないので、おすすめの観光地やお店があったらぜひぜひ教えてください~。

それではOZMAFIA!!の感想です。



PC版が出たときからずっと気になっていた作品。
間が空きましたがようやくフルコンプしました!

最初はマフィア物の割にお花畑な展開が多くて失敗したかなーと思ったのですが、プレイしているうちにだんだん楽しくなってきて、最後は夢中でプレイしました。ゲームの雰囲気に慣れたのか後半のルートが好みだったからかなのかはわかりませんが。キャラクタたちの会話が面白かったというのもあるかもしれないです。

オズの3人はメインなだけあって、純愛、乗り換え×2ルートがありますが、話の持っていき方が同じだったので少しだれました。恋愛自体は個性に合ったものなのに、話のテーマが同じというか。そこが少し残念でした。
でも乗り換えルートはとてもリアルで、ドキドキしました。
付き合ったからこそ見える相手の粗とか、意見の違いとか。付き合っていないからこそ言える無責任な言葉に心が揺らいだり。純愛ルートより乗り換えルートの方が糖度も高いし楽しかったです。


お花畑、と書きましたがルートによっては、そして真相は、痛みの残るものでした。
「大人のための童話」がしっくりくるかな。
結構下品な会話もあるのですが、それさえも軽妙でおしゃれに感じられて素敵でした。おしゃれで大人なゲームですね。あとライターさんの語彙が多いですね!私の貧弱な語彙力では、すごい素敵楽しい驚いた…くらいしか書けないなのでもうちょっと勉強しないとなと思ったのでした。

以下個別感想です。
ネタバレを含みますのでお気を付けください。


続きを読む >>

テーマ:乙女ゲー
ジャンル:ゲーム

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
現在プレイ中!

プロフィール

千草

Author:千草
マンガとかゲームとかアニメとか好きです。
のんびりとゲームなどの感想を備忘録もかねて綴っていけたらと思っています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

お気に入り


○死神と少女 死神と少女 応援中! 死神と少女 ○月影の鎖 月影の鎖 月影の鎖 ○剣が君 >剣が君 剣が君 ○黒蝶のサイケデリカ ※「黒蝶のサイケデリカ」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。 ○十三支演義 ○AMNESIA ○Princess Arthur

応援中!

○ニル・アドミラリの天秤 ※「ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。

検索フォーム

Twitter

読み終わった本

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。